交通事故・後遺症無料相談TOP > 青本

被害者はどのようにして救済を受けることができるのか

「青本」:財談法人日弁連交通事故センター『交通事故損害額算定基準』

「青本」は,弁護士会の基準を示すものの一つで,全国レベルの一般的基準であり,幅のある基準額を示すものです。
弁護士会の基準は,本来,(財)日弁連交通事故相談センターが裁判外交通事故紛争処理機関として活動するための基準であり,もちろん法的拘束力を伴うものではありません。
しかし,「青本」は,発行時の最新の動向も踏まえながら,多くの裁判例を調査・分析して定立した基準であり,裁判官も参考にしていると言われており,裁判の基準として重要な役割を果たしています。

次ぎに,「青本」22訂版(2010)の目次を御紹介します。

目次

はじめに
第1章 積極損害
 第1 治療費
 第2 付添看護費
 第3 雑費
 第4 交通費
 第5 葬祭費
 第6 家屋・自動車などの改造費
 第7 葬具など
 第8 子供の学習費・保育費・学費等
 第9 弁護士費用
第10 その他

第2章 消極損害
 第1 休業損害
  1 損害額算定方式
  2 基礎収入の認定方法
(1) 給与所得者
(2) 会社役員
(3) 事業所得者
(4) 家事従事者
(5) 生徒・学生等
(6) 無職者・不労所得者,その他

第2 後遺障害による逸失利益
 1 逸失利益の算定方法
 2 基礎収入の認定
 3 労働能力喪失率の認定
 4 労働能力喪失期間の認定

第3 死亡による逸失利益
 1 稼働利益の喪失損害
(1) 逸失利益の算定方法
(2) 基礎収入の認定
  ア 給与所得者
  イ 会社役員
  ウ 事業所得者
  エ 家事従事者
  オ 幼児など年少者・学生
  カ 無職者
  キ 外国人
(3) 生活費控除率の認定
(4) 就労可能年数
(5) 中間利息の控除
2 扶養利益の喪失損害
3 年金の逸失利益

第3章 慰謝料
 第1 傷害
 第2 後遺症
 第3 死亡
 第4 慰謝料に関するその他の問題

第4章 減額事由
 第1 過失相殺
 第2 好意(無償)同乗
 第3 割合認定(素因減額)

第5章 損益相殺
 第1 損益相殺の当否
 第2 控除すべき対象となる損害の限度
 第3 過失相殺と損益相殺による控除の先後関係
 第4 共同不法行為の場合のてん補関係
 
第6章 遅延損害金
第7章 物損

資料
 1 平成20年簡易生命表
 2 賃金センサスによる平均給与額
 3 ライプニッツ式係数表(年別)
 4 ホフマン式係数表(年別)
 5 18歳未満の者に適用するライプニッツ式係数およびホフマン式係数
 6 後遺障害等及び労働能力喪失表
 7 自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準
 8 自賠責保険金額推移表

付録
  脳外傷による高次脳機能障害相談マニュアル
  自賠責保険請求と後遺障害等級認定手続の解説
  後遺障害認定実務の問題点
  財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構の紛争処理について
  <特集>
  1 高次脳機能障害相談研修会講演
    脳外傷後遺症による高次脳機能障害者の実情
  2 専門委員会研究会報告
    自賠責保険における高次脳機能障害の等級認定と裁判例における等級評価の動向
 (財)日弁連交通相談センター全国相談所

ご相談お申し込み・お問い合わせ

項目にご記入ください。
※メールでの法律相談は行っておりません。

お名前※必須
電話番号
メールアドレス※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問等 URLを含めたコメントの送信は出来ません。