交通事故・後遺症無料相談TOP > 裁判所の手続き

被害者はどのようにして救済を受けることができるのか

裁判所の手続き~交通事故を起こした場合の法的責任

交通事故を起こした場合の法的責任は,次の3つに区別されます。

○民事上の責任
加害者等が支払うべき被害者等に支払う損害賠償の問題
○刑事上の責任
懲役,禁固,罰金など加害者に対し課すべき刑罰の問題であり,国と加害者の関係ということになります。
○行政上の責任
運転免許の停止,取消し,反則金納付などの行政処分の問題であり,国と加害者の関係ということになります。

交通事故の被害にあうと、被害者・遺族としてはどうしても加害者を許せないという気持ちが出てきます。そうすると、「病院にお見舞いに来ない」「謝りに来ない」「お葬式に来ない」ということばかりが気になってしまいます。しかし、加害者をどう罰するかという問題は刑事事件であり、それは警察と加害者の問題であり、被害者・遺族がどうこうできる問題ではありません。

被害者・遺族に何ができるのか?それは民事上の責任をしっかり追及することなのです。なぜ、このようなことをいうかというと、「加害者が●●しない」ということばかりが気になっていると、肝心の損害賠償の問題がなおざりになり、保険会社の話をうのみにしてしまい、それで示談してしまう可能性があるからです。

確かに、示談ではなく裁判で争ったとしても、加害者が払う訳ではありませんし、加害者が罰せられるわけでもありません。しかし、被害者・遺族ができることをしっかりやることしかできないのですから、加害者に対する感情は一旦、置いておいて、民事上の責任をしっかり追及していきましょう。

被害者が救済を受けるための紛争解決方法

○裁判所などの法的手続き
裁判を起こすかどうかの判断はこちら

○自動車保険
・自賠責保険(共済)
・任意保険(共済)
自動車保険の詳細はこちら

○社会保険
・労災保険
・健康保険
社会保険の詳細はこちら

ご相談お申し込み・お問い合わせ

項目にご記入ください。
※メールでの法律相談は行っておりません。

お名前※必須
電話番号
メールアドレス※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問等 URLを含めたコメントの送信は出来ません。