交通事故・後遺症無料相談TOP > メモ

メモ

2016年6月 2日 平成22年(ワ)第2165号訴状

                          訴      状

                                                          平成22年7月2日


第1 請求の趣旨
 1 被告は,原告に対し,金500万円及びこれに対する本件訴状送達の翌日から支払済みまで年5分の割合の遅延損害金を支払え。
 2 訴訟費用は被告の負担とする。
 3 仮執行宣言


第2 請求の原因
 1 当事者
     被告は,損害保険事業を営む株式会社である。

 2 保険契約の締結
   訴外亡A(以下,「亡A」という。)は,被告との間で保険契約(以下,「本件契約」という。)を締結した。なお,「4 本件訴訟に至る経緯」の項で述べるとおり,原告の手元には,本件契約に関する保険証書等の文書がない。

 3 保険金請求権の発生
 (1)平成20年12月25日午前10時38分ころ,札幌市豊平区●先路上において,亡A運転の車両が,対向車線にはみ出し,対向車線を進行していた訴外吉岡裕晃運転の車両に正面衝突する交通事故(以下,「本件事故」という。)が発生した(甲1)。
     本件事故で亡Aは,腸間膜断裂による出血性ショックにより,同日午後0時5分,死亡した(甲2)。
  (2)本件契約には,被保険者が交通事故を含む偶然な事故により死亡した場合には,被告より死亡保険金が死亡保険金受取人に支払われるとの約定がある。
 (3)本件契約の死亡保険金は,500万円を下らない。
 (4)原告は,亡Aの妻であり,相続人である(甲3)。
  
 4 本件訴訟に至る経緯
  (1)本件事故後,原告は被告に対し,保険金の支払を請求したが,平成21年8月19日付けの書面で,訴外弁護士B(以下,「訴外B」という。)が被告代理人として原告との交渉等を受任した旨の通知が原告に送付された(甲4)。
  (2)そこで,原告は,原告訴訟代理人前田に本件契約に基づく保険金請求に関する処理を委任し,平成21年11月11日付け内容証明郵便で,本件契約の具体的内容及び保険金の支払額について照会した(甲5)ところ,訴外Bより,亡Aの死因が本件契約の保障対象外である糖尿病に起因する疾病先行である可能性があり,死亡保険金の支払いについて話し合いをしたい旨の書面が送付されてきた(甲6)。
  (3)その後,被告側に話し合いに向けた動きは無く,平成22年3月5日,原告訴訟代理人は,話し合いを促すため,本件事故が亡Aの糖尿病が原因ではないとする医師C作成の「診療情報提供書」を訴外Bに送付し(甲7,8),さらに同年5月7日には,回答を促す旨のFAXを送信した(甲9)。
     しかし,甲5号証の内容証明郵便を送付してから7ヶ月以上経過した現時点においても,いまだに被告側からは,本件契約の内容の開示はおろか,FAXに対する返答もない。
  (4)原告としては,徒に争いを好むものではなかったが,原告側の度重なる照会にも応じないまま放置し,情報開示や話し合いに消極的な態度を示している状況をふまえ,訴え提起に至ったものである。
       かかる経緯で訴え提起に至ったものであることを踏まえ,被告に対し,後記6の求釈明に速やかに応じるなど誠実な対応をされるよう強く要請する。
 
 5 よって,原告は被告に対し,本件契約に基づく保険金の一部請求として,金500万円及び本件訴状送達の翌日から支払済みまで年5分の割合の遅延損害金の支払を求める。

 6 求釈明
   4で述べたような被告側の態度も相俟って,原告は保険契約の概要すら分からない状況であるため,被告は,本件契約の内容(死亡保険金の金額,保険金受取人等)を速やかに明らかにされたい。
   原告は,現段階では死亡保険金の約定金額及び保険金の受取人等の本件契約の内容を確定できないため,一部請求として請求の趣旨記載の金額の支払いを求めているが,死亡保険金の金額等が明らかになり次第,請求の拡張を行う予定である。
  
                  証  拠  方  法

  甲1      交通事故証明書
    甲2      死体検案書
    甲3の1乃至2 戸籍謄本
    甲4      通知書
    甲5      「ご通知」と題する内容証明郵便
    甲6      通知書
    甲7      FAX送信ご連絡票
    甲8      診療情報提供書
    甲9      FAX送信ご連絡票

       

                  附  属  書  類

 1 訴状副本                           1通
 2 甲各号証                          各2通
 3 資格証明書                          1通
  4 委任状                            1通



ご相談お申し込み・お問い合わせ

項目にご記入ください。
※メールでの法律相談は行っておりません。

お名前※必須
電話番号
メールアドレス※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問等 URLを含めたコメントの送信は出来ません。

はい

交通事故 無料相談

無料鑑定サービス

無料鑑定サービス

交通事故 無料相談

交通事故 無料相談

所属弁護士

交通事故に遭ったら

救済を受けるには

損害賠償

取扱事例集

事務所概要

【対応エリア】
北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道内での対応となります。

札幌 弁護士前田尚一法律事務所
札幌 債権回収・未収金対策相談
札幌 相続・遺産分割・遺言相談
札幌 離婚・慰謝料相談
札幌 債務整理・過払い救済無料相談
札幌 中小企業法務・顧問弁護士相談

最近のブログ記事